×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中山みどり フェルトアート

Image Replacement
スポンサード・リンク

フェルトアート 中山みどりの神業!

フェルトアートの造形作家、
中山みどりさんの手によって生まれる小犬や猫たちは、
まるで生きているかのように本物そっくりと大評判。
中山みどりさんの写真集「ほころび時間」には、
可愛いフェルトアートの動物たちが勢ぞろい♪
その動物たちのやさしい表情、愛らしい仕草には、
誰もが思わず顔がほころんでしまいます。

フェルトアートの造形作家 中山みどり

フェルトアートの特徴は、その温かさ。

フェルトを使って作られた犬や猫の人形が、
今大変な話題を呼んでいます♪

フェルトアートとは、ワイヤーで作った骨組みに、
羊毛フェルトで肉付けをして作られる作品。

羊毛フェルトを使い、まるで本物のような動物を作る
フェルト作家・中山みどりさんの作品は、
毛並みや色、顔の表情まで超リアルと大評判!

中山みどりさんがこれまで作り続けてきた
犬や猫のフェルトアートの人形は、実に1000点以上!

オーダーの作品を作り続けたことで、
その技術が向上したといいます。

フェルト造形作家・中山みどりさんとは…!


中山みどり プロフィール



中山みどり プロフィール
なかやま みどり

1974年生まれ
出身 愛知県常滑市

東京都小平市在住(2012年現在)

中山みどりさんは、
子供の頃からフェルト造形作家を目指していたわけではなく、
武蔵野美術大学に進学し、日本画を専攻し学んでいたそうです。

1988年 大学卒業後、
常滑市美術展大賞受賞するなど作品を発表する傍ら、
美術教室で絵や工作を教え生計を立てる。

中山みどりさんがフェルトと出会ったのは27歳の時。

原因不明の病気で入院し、絵を描くことが出来ない中、
美術教室の先輩が遊び道具として持ってきてくれたのが、
フェルトとの出会いのきっかけだったそうです。

中山みどりさんは、
そこで初めて羊毛フェルトを触り作ることになるが、
すごくカラフルな羊毛を持ってきてくれたことで、
「なんて綺麗なふわふわしたものなんだろう」と感動。

フェルトを使ってその時初めて作ったのは、
ボールにただ羊毛を巻きつけただけの簡単なものだったといいます。

しかし、その素材が持つ柔らかさと温かさが、
病気の中山みどりさんを癒してくれたという。

退院後、指人形教室で子どもたちに、
フェルトを使った指人形の作り方を教える傍ら、
フェルト作品の展示会を開くようになる。

そのうち、実家で飼っていた愛犬のリキをモデルに、
何気なく作ったフェルトアート作品が評判となり、
愛犬家から注文を受けるように…。

「どうしたら本物に近づけるのか」

という事を追求し、作品を作り続けてきた結果、
現在では、全国からオーダーメイドの依頼が殺到。

中山みどりさんによるオーダーメイド作品を入手するには、
3年待ちという状態だそうです。

オーダーメイドの作品作り以外にも、
個展や教室などを全国で多数開催しています。

フェルトとは

古くから人間の生活に密着した素材であり、
日本では奈良時代に伝わり、茶道の茶席であったり、
寺院の廊下などに敷く敷物として存在。

正倉院の宝物殿などには、そのようなものが残っています。

モンゴルのパゴ、また、
マジックの先などもフェルト生地で作られています。



軽くて温かみのある点が人気。

中山みどり&作品 主なメディア出演

<テレビ>

「未来シアター」 2012年08月24日(金)
フェルトアートで本物さながらの動物を作る革新者として紹介。


「徹子の部屋」 2012年3月28日(水)
スタジオでは、黒柳徹子さんもパンダの耳をつける作業に挑戦。

「モーニングバード!」 2012年2月2日(木)
Aウーマンのコーナーで「フェルト造形作家・中山みどりさん」として特集。

「行列のできる法律相談所」 2011年12月4日(日)
小林麻耶さんが、愛犬ゆめちゃん(トイ・プードル)のぬいぐみを作って欲しいと願う企画。

「レディス4」 2009年1月14日
羊毛フェルト 基本的なことから一歩踏み込んだリアルな犬猫の作り方。

「ズームインSUPER」 2008年10月28日(火)
やってミラクル…奥浜レイラさんが羊毛フェルトに挑戦。


<雑誌>

 羊毛フェルトのマスコットCOLLECTION VOL.3 / 河出書房新社編集部編

 愛犬の写真や名前から世界にひとつだけのうちの犬グッズが作れる本
愛犬チャンプ別冊

 Aiken Champ (愛犬チャンプ) 2009年 06月号
「迷子札をつくろう!」のコーナーページにモデル犬として作品が登場。

 Aiken Champ (愛犬チャンプ) 2008年 10月号
「リアルで可愛いフェルトアートの世界へようこそ!」

 DOG FAN (ドッグファン) 2008年 08月号
「愛犬の優しさとぬくもりを感じられる“魔法のぬいぐるみ”」

 愛犬の友 2008年 07月号
「本物そっくり!!今にも動き出しそうなフェルトアート展 開催」

スポンサード・リンク

スポンサードリンク

フェルトアート